- 雨滝のこだわり。おいしい水からはじまる手造り豆腐。

***臨時休業などはツイッターで更新します!***
豆腐料理「あめだき」は冬期や荒天時など臨時休業する場合があります。
ツイッターやお電話でご確認ください。

シンプルなものだからこそ雨滝がこだわっている、ちょっとまじめな話です

おいしい水

豆腐造りには大量の水を必要とします。
大豆を洗うための水、ひたしておく水、呉に加える水、出来上がった豆腐を冷却するための水。とうふ工房雨滝は扇ノ山系のこのおいしい水があるからこそ、ここで豆腐をつくっているのです。

生しぼり製法

水に浸して柔らかくなった大豆を磨り潰したものを呉(ご)と言います。
この呉を加熱してからしぼり、豆乳とおからに分けるというのが一般的な方法ですが、とうふ工房雨滝がこだわる生しぼり製法では、この呉を加熱前にしぼります。そうすることで大豆のエグ味が豆乳に移ることなく、雑味のないおいしい豆乳が出来上がるのです。
そして、この生しぼり豆乳を丁寧に豆腐に仕上げていきます。

大豆とにがり

大豆は100%鳥取県産です。そして、瀬戸内海のミネラルが芳醇に含まれた天然にがりで固めます。 このにがりは他の凝固剤に比べて高価なものですが、おいしい豆腐造りにはこれもかかせないものです。

雨滝のおもな豆腐

■雨滝の主な豆腐
きぬ豆腐 つるんと滑らかな人気の豆腐です。毎日でも食べたい味に仕上げました。
もめん豆腐 昔ながらの固めのもめんです。水きりをしてぜひ白和えにどうぞ。
木綿風絹豆腐 (滝の雫) 表面をきめ細かい木綿でかため、中はきぬ豆腐のなめらかさを保っている、雨滝が大事にまもりたい繊細な豆腐です。
ざる豆腐 ざるの目から水分が徐々に抜けることで、もっちりと濃厚な味わいになります。お土産用にも人気です。
生しぼり豆乳 豆腐ドーナツ
【生しぼり豆乳】
いろいろな所から取り寄せて飲み比べた結果いちばんおいしかった、とお取引が始まった所もあります。
【豆乳ドーナツ】
その生しぼり豆乳をたっぷり使いました。揚げたては外はサクッと中はふんわりとして甘さも控えめ。幅広い年齢層に愛されています。
とうふ工房雨滝外観

有限会社とうふ工房雨滝代表取締役 山野松美

ご覧の通り、不便な田舎の小さな豆腐屋です。
大雨が降ればどこかで土砂崩れなどがおきていないかと見回りに出かけ、冬になれば「あーまた雪かきか」と鉛色の空を恨めしく見つめることもあります。 でも、それもおいしい豆腐を造るための大事な仕事です。
「あんたげえの豆腐を食べだしたらよそのが食べれんようになる」(あんたげえの、というのは鳥取弁であなたのところのという意味です。)
とうふ工房雨滝は、そう言ってくださるお客様に誠実でありたいと思っています。

(有)とうふ工房雨滝 代表取締役 山野松美